本文へ移動
株式会社 宇都宮帆布工房
〒756-0080
山口県山陽小野田市くし山1丁目6番18号
TEL.0836-84-7990
FAX.0836-84-7447

テント屋さんのブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

マーク・テ+YCMA共同企画展 呼吸する地図たち

2019-03-05
カテゴリ:イベント
2018年12月15日(土)~2019年3月3日(日)の期間で開催された「呼吸する地球たち」を見に行きました。
今回の開催にあたって、作品の一部であるテントを納入させていただきました。
使用生地は、トロピカルサン TP‐404 P‐40で製作。
最終日に滑り込みで拝見させていだだき、芸術の世界を堪能致しました。
 
山口情報芸術センター
〒753-0075 山口県山口市中園町7-7
TEL: 083-901-2222
FAX: 083-901-2216
information@ycam.jp

山陽小野田市おのだサンパーク 第10回やまぐち名産品フェア

2019-01-15
カテゴリ:イベント
山陽小野田市のおのだサンパークで1月12日(土)~14日(月・祝)の3日間はやまぐち名産品フェアに出店していました。
 
土曜日の午前中は、あいにくの雨でしたが、昼前には天気も良くなりました。
3日間、ご来場ありがとうございました。
やまぐち名産品限定のエコバッグは、1番人気でした。
他にも、ちらしに掲載されていたテント生地で製作したランチョンマットも大人気で完売となりました。
花の海のいちご、自然派木工房 木洩木の三輪車、ほりうちのポン菓子、つねまつ菓子補のチーズケーキ、永山酒造の日本酒、小野田陶芸連盟が復活製作した皿山すり鉢などが出店され、おかげさまでたくさんお客様で会場は賑わっていました。
 
 
おのだサンパーク
〒756-8585 山陽小野田市中川6丁目4番1号
TEL:0836-83-1389 FAX:0836-83-5775

営業時間
ゆめタウン小野田 9:30~21:30
専門店街 10:00~21:00 

山口県宇部市松島町 クニモト印判店

2018-05-10
カテゴリ:店舗
2018年5月7日、「クニモト印判店」がリニューアルオープン。
創業50年以上の印鑑屋として宇部市で有名なお店です・
テントは、クラレ 彩FC 9173F えんじ色で製作。
後付けで、ヤマテン水切りプレートオーレ 取付。
サイズ:間口3,330mm×出幅1,800mm
チェン式巻上テントで日除け効果は抜群です。
場所は、ANAクラウンプラザホテル前。
 
クニモト印判店
宇部市松島町9-13(ANAクラウンプラザホテル前)
電話番号 0836-21-7929
営業時間 08:15~19:00
定休日 日曜日

朝日新聞×yab山口朝日放送の共同企画 Jチャンやまぐちの「やまぐちの底力」で紹介

2018-04-11
カテゴリ:テレビ
朝日新聞様とYAB山口朝日放送様にJチャンやまぐちの人気コーナー「やまぐちの底力」の取材。
朝9時からインタビューを受けたり、ミシンやシートを溶着する作業を撮影。
 
 
放送は2018年4月17日(火)18:15~19:00です。
その中で5分程度の放送となります。
いつも取材を受ける時は、カバン屋さんということで特集されることが多いのですが・・・
今回は、企業にスポットライトを当ててくれます!!!
 
学校や幼稚園、保育園、遊園地や公園のテントや遊具。
働く車のトラック幌やシート。
工場や会社の間仕切りカーテンや機械カバー、日除け、雨除け、資材置き場のテント。
住宅や飲食店、美容室、カフェ、雑貨屋のテントやオーニングなどなど、
実は皆さんが身近なものに帆布はたくさん使われています。
その仕事は企画、製造、施工、メンテナンスまで全部を宇都宮帆布工房がやってます!
 
帆布(はんぷ)で出来ることは何でも作っちゃいます!!!
 
これからの季節は、梅雨がきて雨で困ってることはないですか??
夏の暑い中、対策は考えられてますか??
 
その困ってることや不満を解決します!
少しでもテント屋という仕事が一人でも多くの人に伝われば嬉しいです。
(2018.4.15 朝日新聞掲載)
 
朝日新聞様、山口朝日放送様、ありがとうございました。
 
 
株式会社宇都宮帆布工房
山口県山陽小野田市くし山1丁目6-18
電話番号 0836-84-7990
営業時間 10:00~17:00
定休日 日曜日・祝日
 
 
 

2018年は山口きらら博記念公園で山口ゆめ花博が開催

2018-03-19
カテゴリ:公園
2018年9月14日(金)~11月4日(日)まで、山口きらら博記念公園で山口ゆめ花博が開催されます。
1000万本の花が咲いているゆめの未来公園が誕生します。
今年は明治維新150年ということで、新しい日本と山口県が実現に向けてのイベント。
また、山口大学と山口県の共同研究で新しい遊び場もデザインされます。
 
山口きらら博が開催されたのは、2001年(平成13年)。
当時もたくさんのテントや遊具などを製作いたしました。
 
久々に娘たちを連れて、山口きらら博記念公園のトリムの広場で遊びました。
 
まず、最初に飛び乗ったのは、テントのトランポリン。
大人も子どももたくさんの方が同時に飛び跳ねてました。
丈夫なテントです。
 
 
 
テントトランポリンの横には、テントスライダーがあります。
滑り台みたいなもので、こちらもたくさんの人で賑わってました。
 
トリム広場には、クライミングウォールや雲をイメージしたネット遊具マウンテンネット、ローラースライダーやターザンロープもあります。
 
土・日曜日及び祝日と春休み期間中では「綱渡りトリムコース」が利用可能となります。
(雨天・強風時は閉鎖)。
※小学校4年生以上のお子様が利用対象者です。
なお、小学3年生以下のお子様が利用される場合は、保護者の補助が必要となります。
この場合、必ず保護者の方がお子様の手をつなぎ、安全の確保に努めてください。
(お子様1人につき、保護者1人の入場となります。)
 
 
山口きらら博記念公園管理事務所
山口県山口市阿知須509番50
TEL:0836-65-6900(代表)
 
 
 
 
TOPへ戻る